京焼・清水焼専門の卸売商社として様々な作家の作品を取り扱っております。

東山五条の京焼・清水焼 の卸売専門店 |前謙株式会社

清水焼とは
トップ > 清水焼とは

京焼・清水焼の歴史

起源は室町時代末期の茶の湯の流行を背景に生まれました。
その後は野々村仁清(ののむら にんせい)、尾形乾山(おがた けんざん)、青木木米(あおき もくべい)、奥田頴川(おくだ えいせん)などの才能豊かな数多くの名工により京都の文化の中において洗練されながら、現代の陶工へと受け継がれています。

京焼・清水焼の特徴

伝統の卓越した意匠と高度な技術を駆使して、今なお手づくり・手描きにより丹精込めて製作されています。
そのクオリティや芸術性を失わず、多品種・少量生産を特色とした高品質の陶磁器です。

京焼・清水焼の特徴

京焼と清水焼の違い

江戸時代には京都市内各地でも清水焼以外に、粟田焼・八坂焼・音羽焼などがありそれらを総称して「京焼」といわれていました。
その後、時代の流れとともに清水焼だけが残り、現在では京焼=清水焼と称されることが多くあります。
経済産業大臣指定の伝統的工芸品、また京都府知事指定の伝統工芸品でも名称は「京焼・清水焼」となっております。

↑